システムエンジニアに求められるもの


専門的な知識

コンピュータやIT関連の知識が必要です。クライアントがどんなシステムを希望しているかを聞いた上で要求定義を行ったり、外部設計や内部設計を行う必要があるため、専門的な知識が求められます。 コンピュータ関連学校出身のシステムエンジニアは多いですが、システムエンジニアに必要な知識は実務を通して身につけることもできるので、IT関連への興味とやる気があればどなたでも目指すことができます。日々進歩していくIT技術やプログラムに興味を持ち、常に情報を収集し、勉強する意欲のある人はシステムエンジニアという仕事に向いているといえるでしょう。

コミュニケーション能力

システムエンジニアは、クライアントが何を希望しているのかを正確に聞きだす能力が求められます。クライアントによってはパソコンに詳しくないという場合もあるので、システム開発者視点で専門用語ばかりを使って会話をしてしまっては、相手に伝えることはできません。クライアントの要件を引き出すためには、根気強く分かりやすい説明をしながら、相手の要望を的確に聞き出すことが重要です。 また、システム開発は数人のチームで行うことが多いため、チーム内のコミュニケーションが重要になってきます。クライアントやチームのメンバーと積極的にコミュニケーションを図ろうとする気持ちが大切です。

スケジュール管理能力

システム開発において、納期の厳守は必須事項です。納期に間に合うように長期的なスケジュールを立て、進捗を管理する必要があります。円滑に業務を遂行するためには、スタッフとのチームワークも重要になります。また、開発者でもあるシステムエンジニアが欠勤してしまうと仕事がとまってしまうこともあるため、日々の健康管理や自己管理をしっかり行うことも大切です。

愛知県名古屋でシステムエンジニア・プログラマー・webデザイナーの求人をお探しでしたら、エイルシステムへご応募ください。業務や求人に関するご質問は、ホームページの「CONTACT」フォームよりお問い合わせ頂けます。