システム導入のタイミング


インターネット社会と呼ばれる現代では、多くの企業が独自のシステムを導入し、日々業務の効率化を図っています。企業成長に必要不可欠なシステムですが、導入のタイミングを誤ると企業に大きなダメージを与えることがあります。 システム導入で失敗しないためにも、導入のタイミングを見極めることが大切です。

OSのサポート終了時期

高い安定性と優れた機能性を持つOSですが、ソフトウェアには脆弱性が存在しています。悪意を持った者の攻撃を回避するため、ベンダーは脆弱性を発見すると常にシステムの安全性が保てるよう、セキュリティの更新プログラムを配布します。 しかし、OSのサポートが終了すると、更新プログラムの配布も行われません。サポートの切れたOSはセキュリティ面をはじめ、稼働するサービスやシステムなどに悪影響を与える可能性が高くなります。OSのサポート終了時期を確認し、新しいOSが正しく稼働するか検証・改修した後、システムを導入することをおすすめします。

法律・制度の改正時

法律・制度の改正によって現行システムが陳腐化・老朽化することがあります。システムの陳腐化・老朽化は業務の負担を増大させ、業務効率の悪化に繋がってしまいます。 法律・制度の改正に関する情報は事前にチェックできるので、早めにシステム導入の対策を立てておけば導入時のトラブル回避も可能となります。

システム担当者の入れ替え時

前もってシステム担当者の入れ替えが分かっていると、予め業務の引き継ぎを行うことができます。しかし、何らかの事情で突然システム担当者が辞職した場合、現行システムの手直しが必要となることが多いです。システムが属人化していることもあり、業務に支障をきたさないためにも、入れ替え時には新しいシステムを導入すると安心です。

さらなる業務効率を図るなら、システム開発はプロに委託することをおすすめします。エイルシステムは愛知県名古屋市を中心に、システム開発・アプリ開発を承っております。システム開発やお見積もりなどに関するご質問もお気軽にお問い合わせください。