ネイティブアプリと Webアプリの違い


アプリ開発をご検討されている方の中で、ネイティブアプリとWebアプリのどちらにしようかお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 今回は、この2つの特徴についてお伝えしたいと思います。

ネイティブアプリ

ネイティブアプリとは、Android(アンドロイド)やiPhone(アイフォン)といったスマートフォンや、iPadなどのローカル記憶装置にインストールされるアプリのことです。 導入する際はインストールが必要になりアップデートも欠かせませんが、基本的には一度インストールするとインターネットに接続しなくても動作するので、ネット接続が集中したときにアプリの反応が鈍くなるといった心配がありません。 デバイスの機能をフルに活用できるので、カメラ機能や位置センサー機能を使ったユニークなアプリを開発可能です。また動作速度も速く、操作がスムーズに行えます。 しかし、Android(アンドロイド)はJava、iOSではObjective-Cで開発しなければなりませんので、開発するまでの時間がかかり、コストも大きくなります。

Webアプリ

一方Webアプリとは、FirefoxやGoogle ChromeなどのWebブラウザからアクセスして使用するアプリです。 ブラウザとインターネットが使える環境さえあれば、スマートフォンのAndroid(アンドロイド)やiPhone(アイフォン)、WindowsやMacなど、どのような機種やOSでも楽しむことができます。インターネット上でアクセスするため、本体にダウンロードやインストールがいりませんし、アップデートをしなくても最新版が配布できます。 アプリを配布する場合、ネイティブアプリだとアプリストアを経由して配布されますが、Webアプリならストアを経由せず直接利用することができます。アプリ開発に関していえばマルチデバイスで使えるので、その分手間がかからず費用や時間の節約になります。

このように、ネイティブアプリとWebアプリはそれぞれ違いがあります。アプリ開発をするためには、アプリの主要目的を明確にすることが大切となります。 それにはまず、エイルシステムへアプリ開発の見積もりやご相談などをなさってみませんか。ご要望の応じたアプリをご提案させて頂きます。 愛知県名古屋市に事務所がございますので近郊の方はぜひご利用ください。